ホームレスに朝食を買ってあげた母親。でも彼の告白が書かれたメモを読んで、思わず息をのんだ。

学生で、母親でもあるケイシー・フィッチャーは、アメリカのニュー・ハンプシャーに暮らしています。 ある朝ケイシーは、大学の講義に向かう途中、何か朝食になるものを買おうとドーナッツ屋によりました。そしてそこで出会ったホームレスの男性の人生を、彼女は気がつかないうちに大きく変えてしまうことになるのです。

その日の出来事を、ケイシーは Facebook に投稿しました。

「今日、ダンキンに向かってる途中、道ばたで歌を歌って小銭を稼いでいるホームレスの男性を見かけた。彼も店に入っていった。彼が一生懸命小銭を数えてる間、おせっかいな私はずっと彼に話しかけていた。彼は話したくなさそうだったにも関わらず、何度もしつこく。彼の小銭が合計で1ドルくらいしかなかったから、私は彼にコーヒーとベーグルを買ってあげて、一緒に座った。彼は私に、人はみんな彼がホームレスだと分かると冷たくあたることや、ドラッグのせいで自分でも嫌な人間になってしまったこと、お母さんをがんで亡くしたこと、父親を知らないことや、いつかお母さんが誇りを持てるような人間になりたいってことを(その他にもいっぱい)教えてくれた。

彼の名前はクリスだった。クリスは、私が出会った人の中でも最も正直で誠実そうな人だった。講義に遅れてることに気がついた時、紙に書いて渡したいものがあるから待ってと彼に頼まれた。そしてクシャクシャになったレシートを手渡された。汚い字を謝って、笑顔を見せた彼は、席を立ってどこかへいってしまった。

レシートには、こう書いてあった。「今日、自殺しようと考えてた。でも君のお陰で気が変わった。ありがとう、美しい人。」

ちょっとした行為が、時には人の命を救うことだってあるんです。ケイシーは、クリスにもう一度生きる勇気を与えることができました。このメッセージ、みんなにシェアしてください。親切心、大切ですね。

コメント

おすすめの記事