整形の失敗で顔をメチャクチャにされた女性

若き日のキャロル・ブライアンはとても魅力的な女性でした。20代の頃、キャロルは自分の容姿に満足していました。 しかし30代に差し掛かると、身体上の様々な外観上の変化に伴い、かつて自信に満ち溢れた健全な自己イメージは揺らぎ始めます。

YouTube/ The Doctors

当初、キャロルはボトックス注射で目の周りのシワを取り除く程度に留めておこうと考えていました。施術結果は満足のいくものでした。ボトックス効果により確かなシワの改善が実感でき、キャロルは自身の決断に満足していました。キャロルはこうして美容整形の迷宮に足を踏み入れてしまったのです。

YouTube/ The Doctors

始めのボトックスから数年が経つと、キャロルは再び老化に伴う容姿の変化に悩むようになりました。頬のたるみと額のシワです。

前回の施術経験が満足のいくものであったため、今回も美容整形に頼ることにしまキャロルは、気になる部分に物質を注入する方法を勧める整形医に出会いました。キャロルは医師に提案されるがままに、その手術を受けることを決断します。その選択が大変な間違いであるとは夢にも思いませんでした。

YouTube/ The Doctors

当時47歳だったキャロルは、額と頬に詰め物を注入する手術を受けました。簡単に聞こえますが、実際には熟練の技術を要する施術であり、不幸にもキャロルが選んだ整形医にはその技術がなかったようです。

手術中、医師は二種類の詰め物(一種類はシリコン製)を注射器の中で混合し、間違った箇所に注入してしまったのです。キャロルの顔面は腫れ上がり、目を開くために瞼にテープを貼らなければ、視界の確保すらできないほどでした。術後3ヶ月経っても顔面は腫れたままで、激しい痛みを伴うようになっていました。

YouTube/ The Doctors

キャロルは医療機関に助けを求めます。そして、長きにわたる矯正手術が始まりました。しかしそれから4年が経過しても状況は改善するどころかさらに悪化するばかりでした。

キャロルは失望し、容姿を恥じるあまり外出さえままならなくなりました。まるで自分がモンスターになってしまったように感じ、友人や家族との面会にすら応じないほどでした。

YouTube/ The Doctors

2013年、キャロルの娘ソフィアは母のために何とかしようと決心します。母の写真数枚に身に起こったエピソードを添え、全米の病院に送ったのです。

ソフィの元には相次いで依頼を断る手紙が舞い込みばかりでしたが、ある日、希望の光が差します。

その日ソフィが受けたのは、UCLAカリフォルニアクリニックでディレクターを務めるレーザ・ジャラフィ医師からの電話でした。それは吉報で、ジャラフィ医師がキャロルの治療を引き受けてくれるとの連絡だったのです。

YouTube/ The Doctors

元の顔は取り戻すことはできなかったものの、ジェラフィ医師のおかげでキャロルはようやく人生を取り戻すことができたと語っています。

「二度とこのような経験が誰の身にも起こらないよう願うばかりです」

キャロルのエピソードが人々への忠告として役割を果たすと良いですね。

美容整形手術は気軽な施術措置として認知されるべきではありません。危険なリスクを伴うものであり、熟練の医療専門家によってのみ施術されるべきものなのです。必ず専門家の意見に耳を傾け、施術に伴うリスクについて調べることが肝心です。

YouTube/ The Doctors

キャロルのエピソードについてこちらから視聴できます(英語音声のみ):

 
出典

Littlethings

コメント

おすすめの記事