コレを見ると、もう二度とカーニバルを同じ目で見れなくなる。残酷な現実。

ブラジルのカーニバルは世界的に有名です。このために多くの観光客がブラジルを訪れ、テレビなどでも放映されます。 でもこのきらびやかなカーニバルの陰に、実は暗い事実が隠されていることをご存知でしょうか。

カーニバルのゴージャスなコスチュームには、大きく美しい羽根がたくさん使われます。でもこの羽根はどこから来るのでしょう?

コスチュームに使用されるのは、キジ、クジャク、ガチョウ、ダチョウなどの鳥の羽根です。しかし 、この羽根、自然に抜けるのを待つわけではありません。

羽根は主に南アフリカ、中国、インドなどの国々から輸出され、ブラジルは世界最大の羽根の輸入国の一つです。その理由は、もちろんカーニバルです。

Direitos dos Animais

羽根は、首と足を固定した鳥から力づくでむしり取られます。もちろん痛みを伴い、その後、直射日光にさらされれば傷口はひどく化膿します。ダチョウの寿命は40年と言われていますが、その間、羽根牧場ではこれが毎年繰り返されているのです。高額で取引される羽根は牧場主にとって大きな収入源であり、キジの羽根などは、1本で100レアル(約3000円)もの高額で取引されているそうです。

Occupy for Animais

ブラジルでは、この事実を受け、近年カーニバルでの鳥の羽根の使用禁止を呼びかける運動が広まりつつあります。Change.orgで開始された署名運動には21万人以上がすでに署名し、目標に達した時点でリオデジャネイロとサンパウロのカーニバル協会の会長に結果が送られる予定です。

また、さまざまな動物保護団体がカーニバル参加者に羽根の生産過程に関する情報を知らせ、人工羽根への切り替えを促す活動を行っています。

Occupy for Animals

署名運動の文章

「動物たちが無意味に苦しめられています。ヒトが肌で体を守るのと同じように、動物も毛や羽根で体を覆っているのです。もし私たち人間が他の動物と共に尊厳を持って生きたいのであれば、まず立場の弱い動物を、人間の残忍さから守る必要があるのではないでしょうか。動物の権利の守護者である私たちは、動物の苦難を敏感に感じ取ることができます。

人によっては、大きな問題として捉えない人もいるかもしれません。しかし動物たちが痛み、苦しみ、人間としての意識が欠けているこの搾取行為には、問題がないとは言えないのではないでしょうか。動物をむやみに利用することをやめ、彼らを自然に戻す時期に来ていると思います。平和を望むなら、まずは自らが平和を示さなければなりません。

本物の羽根を人工の羽根に切り替えてください。痛みがなく、搾取もなく、倫理にかなった楽しいカーニバルを開催してください。エコロジーやリサイクルの観点からも世界に良いイメージを与え、全世界が注目するショーとして大きな一歩を踏み出すことになります」

1

絢爛豪華なコスチュームを作るために、多くの鳥が犠牲になっていることに衝撃を受けました。

主催者側のコメントが気になるところです。皆さんはどう思いますか?

コメント

おすすめの記事