まるでホラー映画!若い女性がボーイフレンドに舌を嚙みちぎられそうになる

注意:ショッキングが画像が含まれます。

カーリー・ヘイガーは、アメリカ・インディアナ州のインディアナポリスに住む25歳の女性です。2016年10月22日の夜、彼女はボーイフレンドのライアンとその友人3人とともに、友だちの結婚式から帰宅しました。楽しい夜を楽しんでいたはずの彼らでしたが、なぜか事態は次第に思わぬ方向へと展開してしまいます。

GoFundMe/Carleigh Hager

その夜、ライアンは泥酔するほど酒を飲んでおり、次第に暴力的な行動を見せるようになったといいます。彼はカーリーを友人の前でひどく罵倒し、なんと彼ら3人に自分のガールフレンドである彼女をレイプしろと言い出したのです。カーリーは大きなショックを受け、事態は収めるためにも寝室に戻り眠りに付こうとしました。

ところが、突然部屋にライアンが押し入ってきたと思うと、彼女に対して激しい暴行を加え始めたのです。

Youtube/WTHR

あまりの事態にライアンの友人たちが間に割って入ろうとしましたが 、ライアンに家から追い出されドアに鍵をかけられてしまいます。その後彼らはただちに警察に通報します。

しかし、警察が現場に到着するまでの間に、ライアンの暴力はさらにエスカレートしていきました。彼はカーリーを床にたたきつけると、なんと彼女の身体の至るところをかみちぎり始めたのです。カーリーは彼を引き離そうと必死で抵抗しましたが、結局ライアンは彼女の身体に20か所以上の噛み傷を残し、彼女は舌すら咬みちぎられる寸前だったそうです。

GoFundMe/Carleigh Hager

幸い、命に係わるような傷にまで達する前に警察が到着し、ライアンはその場で取り押さえられました。血まみれでショック状態のカーリーは、すぐに病院へと搬送。カーリーの舌はなんとか再び接合されましたが、彼女が再びものを食べられるほどに回復するまで3週間かかったといいます。また、彼女が心に負った傷は、治療にはるかに長い時間がかかることは明らかでした。

GoFundMe/Carleigh Hager

やがてカーリーは重い口を開き始めました。SNSでは幸せそうな人生を送っているように見えた彼女でしたが、実はずっとボーイフレンドの暴力に怯えながら日々を過ごしていたのだというのです。そしてカーリーは、自分と同じ過ちを他の女の子たちに繰り返させないため、こう警告します。

「誰かに伝えなきゃだめ。落胆したり、恥をかくことなんて気にしちゃいけない。絶対に人に訴えないといけない。私は実際に死にかけた。これは、誰にだって起こりうる」

Youtube/WTHR

ライアンは刑務所で現在判決を待っている状態です。彼が逮捕されたと聞いたとき、カーリーと家族は大きな安堵のため息をついたといいます。現在家族は、カーリーの治療の費用を工面するために支援サイトを立ち上げて募金を募っているそうです。

Youtube/WTHR

カーリーの事件を紹介したニュース番組はこちらから視聴することができます。(英語音声のみ)

警察への通報が遅れていれば、カーリーは殺されていた可能性もあります。世の中には同じように暴力に苦しんでいる女性たちは大勢いるはずです。自分の体験したことを公開することで、DVなどに悩む人々が1人でも多く声を上げて助けを求める勇気を持ってくれることをカーリーは願っています。手遅れになってしまう前に…

コメント

おすすめの記事