二度見してしまう!本物の赤ちゃんそっくりの粘土細工を作るカナダ人アーティスト

カナダ人のアーティスト、カミーユ・アレンは、手のひらに収まってしまうほど小さな赤ちゃんの人形を作っています。多くの人を魅了してやまないのは、ミニチュアの赤ちゃんが体のバランスや質感など、細部まで本物そっくりにできている点です。写真だけでは、本物の赤ちゃんと見間違えてしまうほどです。

カミーユは人形作りの技術を祖母から教わりました。趣味として始め、実物大の赤ちゃん人形を作るのに十分な粘土がなかったことがミニチュアの赤ちゃんを作り始めたきっかけでした。

「ミニチュアの赤ちゃんを手にしたとき、恋に落ちてしまったんです。それからというものずっと小さな赤ちゃんを作っています」カミーユはインタビューにそう答えています。

細部にわたって緻密に作り込まれたかわいいミニチュア赤ちゃんは、実に見事です!カミーユの作品からは、たしかな技術だけでなく、豊かな発想力と表現力、そしてモノづくりに対する情熱が伺えます。

コメント

おすすめの記事