中国の胆汁採取牧場から解放された熊

熊胆(ゆうたん)は、クマ由来の動物性の生薬です。中国や日本でも古くから漢方として重宝されてきた熊胆(熊の胆汁)ですが、中国には熊から胆汁を採取するための熊胆牧場が国内に多く存在しています。そこでは、胆汁採取するためだけに多くの熊が飼われ、残酷な目にあっています。

これは、ある牧場で飼われ、生き地獄にいたメス熊のシーザーと名付けられた熊の物語です。

シーザーは生涯の前半を身動きがほとんど取れない狭い檻の中で生きていました。腹部には、外すことのできない金属製のコルセットを着せられていました。これは熊を生かしたまま胆汁を採取するためのもので、腹部を開き管を入れ、胆嚢から胆汁が流れ出る仕組みになっています。麻酔もなく24時間365日、このままの状態で生かされていたのです。体力的、精神的負担は計り知れません。

動物保護団体「アニマル・アジア」によって保護されなければ、シーザーは死ぬまで数十年も捕らわれの身で苦しみ続けていたかもしれません。

その日牧場に到着した保護団体の職員たちは真っ暗な鉄の檻の中に、体に食い込むほど小さなコルセットを着せられたシーザーを発見しました。牧場の劣悪な環境、メス熊の肉体につけられていたコルセットを見て、彼らは言葉を失いました。

Caesar being saved from her "full metal jacket"

「この金属の拘束ベストは、これまで見てきた胆汁採取牧場で行われていたどんな虐待よりも、想像を絶するほどひどいものでした」アニマル・アジアのメンバーは言います。

シーザーがこれほど長い間、この地獄のような環境を生き抜いてきたことだけでも信じがたいことでした。

The scars of Caesar's "full metal jacket"

アニマル・アジアによって解放された後、シーザーの生活は一変しました。

2004年に自由の身になって以来、シーザーは熊胆を採取するための管の除去や消毒などの施術などの治療と多くの愛情を受けながら、大切に介抱されてきました。シーザーは現在、成都市(せいとし)にある自然保護区で暮らしています。

長い期間続いた治療を経て健康状態も正常になり、精神的にも再び生きる力を取り戻しています。ここに保護されてきた熊は全員が元気になるわけではなく、命を落としてしまう熊も多数いるそうです。

Ceasar hangs out in her enclosure at CBRC

シーザーは、本来の美しい毛皮を取り戻しています。

「シーザーの傷は今ではほとんど消え、びっくりするほど美しく勇猛な熊になりました。270キロを越える巨体に成長したシーザーは、今や筋肉ムキムキのレディです!」

Ceasar loves to forage at her enclosure

この熊は自然の世界を経験したこともなければ、これから先も自然に戻ることはありません。人間に餌付けされた熊なので、大自然に戻ることはできないのです。

しかし保護区では、お気に入りの日光浴や水浴びもたっぷりできて何不自由ない生活が保障されています。秋になって気温が下がってくると、冬ごもり用なのかシーザーは園内のいたるところで盛大に穴を掘り始めます。

Ceasar loves to forage at her enclosure

10年前の姿からは想像できないほど、すっかり元気になりました。

Caesar goes swimming at the China sanctuary

中国では熊の胆汁採取牧場が違法となった今でも、約1万頭以上がシーザーと同じ悲惨な状態で捕らわれていると推測されています。シーザーの物語はインターネットを通じて広まり、こうした行為に対する世間の認識が高まりつつあります。中国国内でも動物保護の意識が芽生え始め、援助する団体や批判する声も出てきているそうです。

Simon bear at Ba Mun island

アニマル・アジアはこうした熊を救うためにあらゆる手を尽くしつつ、世論の高まりによって、こうした牧場が将来完全になくなること、捕われている熊たちが地獄のような環境から解放されること、そしてこれ以上このような熊が生み出されないことを願っています。これは、より多くの注目と支援を受けてしかるべき活動ではないでしょうか。

コメント

おすすめの記事