子どもの純粋さを感じるエピソード

薬局の店員は小さなお客さんの買い物にびっくり。

Avec un f comme dans farmacie

 ある日、幼い兄弟が薬局を訪れ、棚から生理用ナプキンのパックをひとつ取り、レジへと向かいました。

 薬局の店員が少し驚いて、年上の男の子に聞きます。

「君、いくつ?」

「7才です」

「これが何のための商品か知ってる?」

「よくわからないけど、僕のためじゃなくて弟のために買ってあげたくて。僕の弟は4才なんです」

 店員は思わず微笑みました。

「あら、そうなの?」

 

「はい、これを使えば、テニスしたり、自転車に乗ったり、逆立ちだってできるようになるってテレビのコマーシャルで見ました。弟はまだそれが全部できないから」 

A Brand New Mongoose

コメント

おすすめの記事