生き埋めにされた新生児を救出した犬

2017年5月初めに中国の重慶で実際に起こったとんでもない事故です。地元の女性、楊家麗(ヤン・ジャリー)さんがペットの犬を散歩させていたところ、突然犬が駆け出し林の中へまっすぐに入って行きました。 ようやく犬に追いついた楊さんは、一心不乱に地面を掘り起こそうとしている犬の様子に気づきました。

Youtube/自由世界新闻联播

犬が何を掘ろうとしているのか、近づいて確認した楊さんは目を疑いました。生後1ヶ月にも満たない小さな赤ちゃんが穴の中に横たわっていたのです。赤ちゃんは白い布に包まれていました。

犬は赤ちゃんの存在を感じ取っていたのです。

犬が土を掘り起こして赤ちゃんを助け出そうとしている間、赤ちゃんは泣いていました。哀れにもその小さな口は土と泥にまみれていたそうです。

Youtube/自由世界新闻联播

楊さんは無力な赤ちゃんを土の中から救い出し、汚れを落とすと最寄りの病院に連れて行きました。医師による早急な救命措置がとられました。

Youtube/自由世界新闻联播

医師らによる検査の結果、赤ちゃんの体温は低下し、心拍数も低い状態でした。命の危機から脱することはできたものの、体力をつけ健康を取り戻すためにはまだまだ時間が必要でした。

Youtube/自由世界新闻联播

地元警察と医師は赤ちゃんは故意に生き埋めにされたのではなく、偶然に土の中で息を吹き返したのではないかと推測しました。赤ちゃんが亡くなってしまったと誤って思い込んだ家族が、埋葬したのだと考えたのです。いずれにせよ、犬が赤ちゃんの生存に気づき発見したことは奇跡そのものであり、おかげで赤ちゃんは命拾いすることができたのです。

Youtube/自由世界新闻联播

赤ちゃんが重慶中央病院で回復に向けて入院いている間、警察当局は懸命に両親を見つけ出そうとしました。犬の散歩場所、時間帯などの偶然が重なり赤ちゃんの発見につながったことに楊さんはホッとしてます。犬が土の中から赤ちゃんを掘り出した瞬間は思いがけない衝撃でしたが、その場に立ち会い、命を救うことができたことに安堵しています。

Youtube/自由世界新闻联播

幸運にも、赤ちゃんは順調な回復を見せています。もしあの時、状況を察知する本能と嗅覚に優れた犬があの場にいなければ、悲しい結末が待っていたことでしょう。赤ちゃんの両親が1日も早く見つかり、愛情に溢れた温かな家庭で幸せに暮らすことができますように。

コメント

おすすめの記事