彼らは地獄の入り口だと思っていた。その姿が明らかになるにつれて、信じられない思いだった!

これは単なる「穴」ではありません。そして中に吸い込まれていく水も、どこかに消えていってしまうわけではありません。また、SF映画のように、中から大きな怪物が中から飛び出してくるわけでもありません。

ポルトガルのセラ・ダ・エストレーラにある、「コンチョス・ダム」の一部です。ドローンによって撮影された動画がネット上で広まったことにより有名になりました。

穴には植物が繁殖して古びて見えますが、これは現在も機能しているセメントと花崗岩で作られた暗渠(あんきょ)の取水口です。リベイラ・ダス・ナベス川にあるこの「穴」から、1519メートルの距離を経てコンプリーダ湖まで水を運んでいます。1955年に作られた施設がネットを通じて「再発見」されたようです。

子供時代の冒険心を少しくすぐられる光景ですね。

コメント

おすすめの記事