初めて受けた愛情が嬉しくて、出血を忘れてしまうほど尻尾を振った

マサチューセッツ州ブロックトンに拠点を置く動物保護団体で働くスタッフの元に、ある日、これまで見たことがないほどの悲惨な状態の犬と出会いました。 犬は瀕死だったもの、まだしっかりと生きていました。傷だらけの状態で街をさまよっていたようです。

団体のスタッフは犬のあまりの状態に、診察を行うどころか犬に近づくことすらなかなかできなかったといいます。

獣医はまず、傷口を洗浄していきました。どうやら犬は生後まだ1年程度の若い子犬でした。しかし体重はわずか7キロ弱しかなく、同じ体格の犬と比較しても半分ほどしかありません。この子犬が想像もつかない苦しい境遇にいたことは明らかでした。そして何よりも、彼は愛情と食事を必要としていました。

はじめのうち犬は非常に怯えていましたが、想像以上の早さで職員たちになつき、職員たちに鼻をこすりつけるようなしぐさを見せるようになりました。

職員たちはこの犬に対し、英語でハグとキスという意味を持つ「XO」という名前を付けました。その後XOは、順調に回復していきます。

ようやく自分が安全な環境にたどり着いたということを認識したXOは、異常な興奮状態を見せるようになりました。それは、いわゆる「ハッピーテイル」症候群と呼ばれる状態にまでエスカレートしてしまいます。これは、犬が「テイル」すなわち尻尾を、自分自身を傷つけてしまうほど振りすぎてしまうという病気です。

XOは救助されたという興奮から尻尾を振るのをやめようとせず、最終的には尻尾の振りすぎで出血を起こすという事態にまでなってしまったのです。彼を落ち着かせてこの状態を収拾するだけで、職員はかなりの労力を要したといいます。

やがて治療を終えたXOは「セカンド・チャンス・レスキュー」という施設に送られ、ここで引き取り手となる新たな飼い主を待つことになりました。

この施設に勤務するアリッサ・エルマンは、当時を思い出してこう話します。

「はじめてこの子を目にしたときは思わず泣きそうになってしまいました。こんな小さな子があんなにひどい状態になっているのを見て、本当に心が痛んだのです」

しかしXOは驚くべき回復力を見せ、傷も癒えていくと同時に体重も6キロほど増えました。

過去に受けた凄惨な傷の跡は多少残るとはいえ、既にXOは元のハンサムな見た目を取り戻しています。

https://www.facebook.com/BACdept/photos/a.1413527845564229.1073741830.1412726602311020/1715467275370283/?type=3&theater

これまで一人きりで生き抜いてきたXOは、ようやく落ち着ける場所を見つけました。XOを担当している職員がオフィスに連れていけば、そこにはXOがゆったりと休める大きなベッドをはじめ、一日中彼を甘えさせてくれるすべてが整っています。心安らかに昼寝をしている彼の姿は本当に愛らしいの一言ですよね!彼がこれまでに受けてきた心の傷が、一日でも早く完全に癒えてくれればいいですね。

救助され、元気を取り戻すことができたXOは幸運だったと言えるでしょう。XOのこれからの生活が、愛情と喜びに満ちたものであることを願っています。

コメント

おすすめの記事