ネイリストは高齢の女性に彼女の手の美しさを伝える

ブランダリン・メイ・ポーターは、テキサス州ダラスの老人ホームに勤務しています。彼女には、老人ホームにいる高齢者たちが本当に必要としているケアを与えてあげる、という信念があります。 当然これは、基本的なサービスを提供するだけでは十分ではありません。彼女の高齢者に対する強い決意は、Facebookへのこの投稿にも表れています。

「今日は新たな入所者の方にマニキュアを塗ってあげたんだけど、様々な色を試すうちに、そのおばあさんは『やっぱり透明な色にしまましょう』なんて言い出したの。私はその時、『透明ですって?そんなのつまらないわ!』と思った。だけど、なぜそんなことを言い出したのかをよく聞いてみると、おばあさんはこう言った。

『私の手は醜くてね、そこに視線を集めたくないのよ』

そのとき私はできるだけ言葉を選びながらこう伝えることにした。

『あなたの手は、あなたの人生を物語っているんですよ。愛の物語、優しい心の物語、大冒険の物語…この手は、人々がほしくてたまらない様々なものに触れ、その手に持ってきたんですよ』

それを聞いたそのおばあさんは、ピンクのマニキュアを付けることを決めた。

私たちは皆、ときに自分に自信を無くしてしまうことがあるけど、誰かが代わりにその美しさを見出してくれればそれでいいのだと思う」

ブランダリンが入居者たちに対してどれほどの愛情を持って接しているかが伝わってきますね。そして、彼女は全く間違っていません。彼らの手は本当に美しい物語を伝えてくれるのですから!

出典

Facebook

コメント

おすすめの記事