農場で首が切断しかかっている息子を発見した両親。息子の携帯電話につながっているものを見たとき、原因を理解した。

オーストラリアのクイーンズランド州に住む16歳のブラッドリー・ウィラビーの趣味は、バイクです。 両親の農場の周りを自慢のマシンで疾走するのが日課でした。かなりのスピードを出して走るため、ある程度の危険を伴うスポーツであることには間違いありません。しかし、先日ブラッドリーが事故に遭ったとき、誰もが持ち歩いているような携帯電話のアクセサリーが彼の生命を脅かすほどの恐ろしい凶器となって襲い掛かってきたのです。

ブラッドリーはバイクに乗るとき、いつもヘルメットの下でイヤフォンを付け、iPhoneにつないで音楽を楽しんでいました。

しかしその日、ブラッドリーはジャンプの着地を誤り、バイクのスロットルがロックしてしまったのです。そのままワイヤーのフェンスに激突したブラッドリーは、衝突の衝撃から足首を骨折、さらに腹部に深い切り傷を負ってしまいます。

しかし、この事故で最もひどい怪我は、実はこのとき装着していたイヤフォンによるものでした。

頭がフェンスを突き破ったとき、イヤフォンのケーブルがフェンスのワイヤーに引っかかってしまったのです。このとき耳に当てる部分がヘルメットから抜けなかったため、ケーブルが引っ張られ、被膜部分のゴムが外れてむき出しになった中の銅線がブラッドリーの首に巻き付き、深く切り込みました。銅銭は気管の一歩手前で止まっていました。衝撃がさらに強ければ、首を切断されていた可能性もあります。

救急車を待つ間、ブラッドリーの父親は息子の首に食い込んでいた銅線を引き抜くのに必死だったといいます。

ブラッドリーは経験もあるバイク乗りでしたし、乗るときはいつも安全のための準備は欠かさず行っていました。しかし、まさか音楽を聴くイヤフォンがこれほどまでに危険なものとなりうることなど、母親は想像すらしていなかったといいます。彼女は今回のブラッドリーの出来事をできるだけ広めることで、同じようなバイク乗りたちに対して警告を発していきたいと考えているそうです。

「バイクに乗る際、ヘルメットの下でイヤフォンを付けるのはやめてください。命の危険につながるおそれがあるからです」彼女はそう訴えます。また、イヤフォンをしているかどうかにかかわらず、運転走行中に音楽を聴くという行為自体が危険だという人もいます。例えば他の車など、危険が迫ってきたとしても気づかない可能性があるからです。

ブラッドリーは足と首の手術を受けましたが、完全に回復するまでにはあと数か月の治療が必要となるそうです。

彼のケースはまさに生きているだけで運が良かったといえるものでした。この経験が、同じようにイヤフォンを付けたまま運転する他のドライバーたちへの危険信号となることをブラッドリー自身も願っているといいます。

出典

dailymail

コメント

おすすめの記事