ジョーク: 男だって出産の痛みを味わうべき?

裕福な夫婦が出産のため病院に到着しました。分娩室で担当医はプライベート保険に加入している富裕層患者向けに、出産時に母親が体感する痛みを部分的に軽減する最新機器が備え付けられていると説明します。 母親から取り除いた痛みの一部が赤ちゃんの父親にそのまま伝達されるとのことでした。

Pixabay

早速、夫妻は最新機器を試してみることにしました。医師は夫妻に器具を装着し、痛み10%の転送を開始しました。「ご主人、多分これまでに経験したことのないような痛みを味わうことになりますよ」

しかし夫は痛みを気にするそぶりも見せず、出産の痛みから妻を少しでも楽にするために痛みの転送パーセンテージを上げるよう医師に頼みました。そこで医師は20%まで上げました。

夫の反応を見ながら少しずつ転送値を上げていった医師は、夫の我慢強さに感心しました。ついに転送値は50%にまで達しました。

Pixabay

夫はまだまだ大丈夫な様子です。痛みを転送することで、生みの苦しみの真っ只中にある妻の苦痛を和らげたいとの想いから、夫は転送パーセンテージを最大値にするよう医師に頼みました。そこで医師は転送値を最大の80%に上げました。

ようやく元気な赤ちゃんが生まれ、この上なく幸せな夫妻。

しかし自宅に戻ると、ベッドの上で庭師が横たわり息絶えていました。

コメント

おすすめの記事