生命維持装置を外した瞬間蘇った女の子

フランチェスカ・ムーア-ウィリアムズとリー・ムーア-ウィリアムズは、ロンドンに暮らす夫婦です。 2人の間には息子のボビーと娘のベラがいます。

この幸せな家族に、あんな悪夢のようなことが起こるとは、誰も予想していなかったことでした。

当時、娘のベラは18か月でした。何も問題なく健康に生まれてきたベラは、両親と兄からたっぷりに愛情を受けて元気に育っていました。小さな少女は、家族にとって太陽の日差しのような存在でした。

しかしある日、旅行中にベラは体調を崩してしまいます。最初は風邪と思っていたフランチェスカとリーでしたが、突然髪の毛を失い始めた娘を見て混乱と恐怖に襲われます。急いでロンドンへと戻り、その足で娘を病院へと連れて行きました。

医師の診断結果は厳しいものでした。

ベラの脳機能に異常が発見されたのです。発症率は6万人に1人という非常に稀な病気でした。その後、小さな娘の容態は日を追うごとに悪くなっていき、ついにベラは人工呼吸器に繋がれます。

ベラが急速に弱っていくなか、両親の元に良いニュースは届けられませんでした。検査の結果、ベラは極度のビタミンB12不足であることごが判明します。そのため、体内の細胞を再生させるために必要な酵素を作り出せなくなっていたのです。

やがて呼吸器官の機能が弱まると、担当医に両親に娘がもう助からないことを宣告され、フランチェスカとリーは苦渋の選択を迫られました。

そして両親は、生命維持装置を外す決断を下します。もうこれ以上、苦しんで欲しくない。延命治療は選ばず、穏やかな最期にしてあげたいと考えたのです。

ベラとのお別れのために友人や家族が病院に集まりました。そして、ついにあの瞬間を迎えようとしていました。

フランチェスカとリーは、最期を迎えた娘の手をしっかりと握ります。それを確認した病院スタッフは静かに機械の電源を切りました。

「ベラの手を握ったとき、僕は彼女がもうすぐで息を引き取ってしまうことを初めて実感した。握り返してくるベラの手の力が少しずつ弱くなっていって、ベッドに沈んでいくのが分かった。でも次の瞬間、突然ベラが僕の指を強く握り返したんだ」

するとベラは突然、再び命が宿ったかのように体をよじらせて泣き始めたのです。とても大きな声でした。

医師たちがこの声を聞き、急いで部屋に飛び込んできました。

誰もが助からないと思っていた小さな女の子は、力強く生きていたのです。皆が見守るなか、やがて血中の酸素濃度も落ち着いていきました。

治療は再開され、なんと数週間後、ベラは退院できるほどに回復していたのです。奇跡が起きたとしか考えられませんでした。

こちらが5か月後のベラです。やせ細って虫の息だったあの日からは想像できない姿です。フランチェスカとリーは彼女のことを「奇跡の子」と呼んでいます。医師も、親戚も、家族さえ彼女が助かるなんて思っていなかったのだから。

こんなこともあるんですね。ピンクのポニーがお気に入りの少女は、内に力強い生命力を秘めていました。娘の死を覚悟し、死に逝く娘の手を握った時の両親の気持ちを考えると涙が出てきそうです。助かって本当に良かった。

コメント

おすすめの記事