この女性の出産を担当した医師ですら信じられなかった。真実は後に判明した。

23歳のベッキー-ジョー・アレンと恋人のリアム・ティアニーは、娘インディアナと共に英国リバプールに住み、幸福な生活を送る一家は第二子を授かることを心待ちにしていました。

ベッキー-ジョーの妊娠が判明すると家族は喜びに包まれます。しかしベッキー-ジョーの妊娠に大きな驚きが待ち受けているなどと、この時点では知る由もありませんでした。

妊娠発覚の興奮がひと段落すると、ベッキー-ジョーは今回の妊娠が前回に比べより困難なものであることに気づきました。妊娠超初期段階から悪阻とひどい頭痛が続き、不安になりました。

最悪の事態すら覚悟していた二人でしたが、病院で受けた診断結果は全くもって想定外でした。 

 

Ein von Becki-jo allen (@beckijo92) gepostetes Foto am

ベッキー-ジョーは三つ子を妊娠していたのです!ベッキー-ジョーとリアムにとって、ショックと同時に安心の瞬間でした。

「人生最大の衝撃でした!お互いの家族に三つ子なんていなかったから、まさに晴天の霹靂でした」

幸いにも妊娠経過は順調でベッキー-ジョーのお腹の三つ子の男の子たちは、健康で正常に発育していきました。しかし妊娠31週目に予期せぬ出来事が起こります。陣痛が早くも始まったのです。順調に成長していても31週目の胎児はまだ小さく、出産には早すぎる状態でした。

医師により帝王切開手術が施され、ロマン、ロッコ、ロハンは無事に誕生しました。出産時の体重はそれぞれ約1400グラム。退院できるほどに十分な大きさに成長するまでの生後6週間を集中治療室で過ごしました。

三つ子の新生児が自宅での生活を始めると、誰もが3人のあまりにもそっくりなことに家族や親戚は驚きました。

 

A post shared by Becki-jo allen (@beckijo92) on

通常、三つ子にありがちなように、妊娠中のベッキー-ジョーとリアムが担当医師から受けた説明によるとこの三つ子はそれぞれ卵子が異なる三卵生の三つ子だろうとのことでした。しかし一卵性のごとく同じ顔で、簡単には区別がつかないほどでした。

好奇心に駆られた彼らは、その理由を解明するためにもDNAテストを受けさせることにしたのです。

 

A post shared by Becki-jo allen (@beckijo92) on

DNAテスト結果は驚くべきものでした。三つ子は同じ卵子から生まれた一卵性の三つ子だったのです!医師もにわかには信じ難いほどに非常に稀なケースでした。一つの卵子が分裂して一卵性双生児となることは双子の場合多々ありますが、卵子が三つに分裂することは極めて珍しい現象でした。しかし三つ子の容姿がいかにそっくりでも、もちろん両親はすぐに見分けられるようになりました。

「眠っている時だけ全く同じように見えます。しかし三者三様に全く異なる性格です。さらに3人揃って眉毛の間にアザがあるんですが、ロマンのアザは他の二人よりも僅かに濃く、ロハンは脚にもアザがあるんです」

 

A post shared by Becki-jo allen (@beckijo92) on

子供をたくさん授かりたいと願っていたリアムとベッキー-ジョー。同時に3人とは予想外だったものの、望み通り子宝に恵まれました。

 

A post shared by Becki-jo allen (@beckijo92) on

喜びでいっぱいの両親と共に、お姉ちゃんになった長女も3人の弟の世話を一生懸命手伝ってくれているそうです。

 

A post shared by Becki-jo allen (@beckijo92) on

今後数年間がこの一家にとって退屈からかけ離れたものになることは確実ですね。三つ子の世話に大忙しであることは間違いありません。しかし、多ければ多いほど楽しいはず!

コメント

おすすめの記事