狭い檻に繋がれていた牛が、初めて広い場所に解放される瞬間に涙

牛のバンディットは生まれてからというもの、ずっと牛舎の小さな仕切りの中で生きてきました。ほとんど身動きを取ることもできない軟禁状態で、新鮮な草を頬張ったこともありませんでした。そんなバンディットが「グット・アイデルビッフィル動物保護区」のスタッフによって解放されます。その瞬間、彼は驚きの行動に出ます。

ダンスを踊っているかのように解放された自由を謳歌するバンディット。「ありがとう」と言うかのように、何度もスタッフに近付く姿に胸が締め付けれらます。彼の飼育をしていた牧場では、家畜は身動きの取れない仕切りの中で飼育することが当然だと思われていました。牛の飼育や精肉方法などに関してさまざまな意見があると思いますが、何が良いかは一口に言えないものです。このような事実もあるということを、みんなとシェアしてください。

コメント

おすすめの記事