水に落ちても溺れず、一人で泳げる赤ちゃん

驚きの映像です。生後6か月半の赤ちゃんがプールに頭から飛び込み、両親が心配する様子もなく見守る様子が撮影されています。少しかわいそうにも見えますが、その裏には両親の切実な願いがありました。

見事に浮いてみせる赤ちゃんは、アメリカのフロリダ州に暮らすジョージー・モリソンです。両親のケリーとロアークは2013年11月、休暇中に息子のジェイクを亡くしています。当時2歳半だったジェイクは、メキシコ湾岸に沿って伸びる大西洋沿岸内の水路で溺れ、命を落としました。この事故以来、夫婦はアメリカの「ISR 」(幼児スイミング・リソース)と呼ばれる、生後6カ月から6歳までの子供に泳ぎを教える団体に加入し支援活動を続けると共に、「Live Like Jake」(リブ・ライク・ジェイク)と名付けた財団を設立し、幼い子どもでも水の中に落ちた時に仰向けに浮かぶ方法を覚えることができることを世の中の親たちに発信しつづけています。

0歳児であっても訓練を受ければ水中に浮かんだり息を止めたりするのを覚えることができるそうです。トレーニングはもちろん有資格のトレーナーと保護者の監視の下行なわれます。関心をもつ親は、少ないくないかもしれませんね。それにしても、これほど小さな赤ちゃんでも泳ぐことができるなんて驚きです。みなさんはどう受け止めましたか?

コメント

おすすめの記事