夫に殺されかけた女性、DV被害者の代弁者となる

注意:この記事にはショッキングな画像が含まれています。

家庭内暴力(DV)は、どんな場合でも恐ろしいものですが、フロリダ州タンパに暮らすオードリー・マブレイの経験は想像を絶するものでした。

Youtube/ABC Action News

オードリーと夫のクリストファー・ハネイは一見ごく普通の幸せな夫婦のように見えましたが、2人には暗い秘密がありました。暴力的な夫クリストファーからオードリーは日常的に激しい暴力を受けていたのです。

結婚当初、クリストファーは滅多に暴力を振るうことはありませんでしたが、時が経つにつれて頻繁になっていきました。事態は次第に悪化し、レイプが伴うようになると、オードリーは命の危険を感じ始めます。逃げなければならないとわかっていたものの、どうしたらいいかわからなかったそうです。

そして、2009年の暮れのある日、オードリーの人生を大きく変えてしまう恐ろしい事件が発生します。

その日帰宅したオードリーを待ち受けていたのは、手にナイフを握る全裸のクリストファーの姿でした。反応できる前にオードリーはクリストファーにつかまれ、車庫に引きずられていきました。オードリーはレイプされた後、ハンマーで頭を数回殴られ意識を失います。オードリーが意識を失った後も暴力は続きました。クリストファーは、力なく横たわるオードリーの体の上にガソリンを振りかけると、信じられない凶行に走ります。夫は妻に火をつけたのです。

Youtube/ABC Action News

炎と煙に気づいた近隣住民の通報で駆けつけた救急救命士によってオードリーは炎の中から助け出されます。オードリーは命はつなぎとめものの、体の80%と気道に重度の火傷を負っており、ひと筋の糸に命がぶら下がっているような瀕死の状態でした。昏睡状態は6週間続きました。

Youtube/ABC Action News

ついに眼を覚ましたオードリーは、生きていることに感謝しました。しかし初めて鏡を見てクリストファーにされたことを目にした瞬間は一生忘れられないと言います。

「鏡に映った自分は『エルム街の悪夢』の悪役フレディ・クルーガーでした。神様がくださった元の容姿には2度と戻ることができないとはっきりわかりました。夫は私の肉体を奪ったけれど、私の感情や精神までは奪うことなどできない、と自分に言い聞かせました」

また、オードリーは自己憐憫はしないことを決心します。夫の暴力を生き抜いたオードリーは、残りの人生を尊厳を持って生きようと心に誓ったのです。

傷跡を完全に隠すことはできないことはわかっていましたが、元の外見を取り戻すための手術を数回にわたって受けてきました。今は、家庭内暴力や性暴力の被害者たちへの警告として傷を進んで見せるようにしているそうです。

事件後オードリーは弁護士資格を取得、昔の彼女のような境遇にある女性たちのために、正義を追求していくことを人生の目的としています。

夫の裁判中、オードリーは出廷し、襲われた当時の恐ろしい詳細を順を追って証言しました。傍聴者はオードリーの冷静な様子に驚き、中にはオードリーの首と顔を覆う重い傷を目にして涙を流す人もいました。クリストファーには有罪の判決が下り、終身刑が言い渡されました。

7年後、オードリーの外見はほとんど目を引くことはありません。受け続けた整形手術は成功し、あの重い傷跡は注意して見なければわからないほどになりました。

オードリーの事件は極端なケースですが、決して孤立した例ではありません。悲しいことにDVは世界中どこを見ても決して珍しい問題ではありません。被害者の多くは泥沼から抜け出せないように感じ、どこに助けを求めればいいかわからない場合が多いといいます。オードリーをはじめ、DVを生き抜いた人たちの存在が、今被害を受けている人たちを勇気付けること、そして手遅れになる前に助けが届くことを願うばかりです。

オードリーはDV被害から立ち直ることが簡単ではなく、彼女自身の傷がいかに深いかも自覚しているといいます。

「この傷を私は一生背負い続けます」

オードリーは人を惹きつける強さを持った女性です。人々に勇気と希望を与える存在として、これからも闘い続けていきます。

 

もしDVに苦しんでいる人を知っている、または自身がDVに苦しんでいるなら、以下の内閣府HPへのリンクから支援機関に相談してください。

配偶者からの暴力被害者支援情報:http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/index.html

DV相談ナビ:http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/dv_navi/index.html

出典

Youtube

Littlethings 

 

コメント

おすすめの記事