直径20センチのプレートを唇に入れるエチオピア人女性

あるオーストラリアのドキュメンタリー映画の撮影クルーがアタイェ・エリジダグネ(20)に出会ったのは、人家もまばらな南エチオピアの谷間を移動中のことでした。 アタイェの姿を見た瞬間、一行は言葉を失いました。若い女性の下唇には、彼女の頭と同じくらいの大きさの鉄の皿が入っていたのです。

この約直径20センチの皿をはめ込むほど唇を伸ばすのに3年ほどかかったそうです。少しずつ皿のサイズを大きくしていき、皿を唇に安定してはめるために前歯を2本も抜いています。

南スーダンやエチオピア南西部に暮らす遊牧民族のスリ族やムルシ族にとって女性の唇の皿は権威の象徴です。結婚の際、女性の唇の皿が大きければ大きいほど、花嫁の家族は花婿の家族から贈り物として多くの牛を受け取ることができるそうです。

アタイェは美しさの基準は世界各地で違うということを改めて教えてくれますね。それにしても、人間の皮膚はここまで伸びるなんて知りませんでした!

出典

NTD

コメント

おすすめの記事