社会実験:バス停でいじめられている少女を助けたのは誰?

バス停で、女の子2人がすこし年下の女の子がをいじめる様子をカメラが捕らえます。そんな様子を見ていた人々のリアクションが、非常に興味深い動画です。

これは、道行く人々の反応を見るためにアメリカで行われた社会実験ですが、日本で同じことを行ったら結果はどのようなものになるでしょうか?

日本では、小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数は2015年で18万8,057件、いじめを認知した学校数は2万1,641校で、これは全学校数の56.5%にもなります。しかしこれはあくまでも認知件数、つまり学校が把握できた数です。また、ユニセフと国立社会保障・人口問題研究所が2013年に行った「先進国における子どもの幸福度」という調査で、日本はいじめの割合などを示す「日常生活上のリスクの低さ」で1位を獲得ています。

いじめには横目に見ながら何もしない人々、傍観者にも原因があるとされています。いじめによる自殺など、胸のつぶれる様な事件を少しでも減らすためには、聞こえないフリ、見てみないフリを無くし、社会全体から問題を見つめる必要があるのです。道でいじめを見かけたら声をかけてあげてください。動画を作成した団体によれば、いじめっ子を責めるよりも、いじめられている子を守ってあげることの方が有効的だそうです。

このような動画をきっかけに、話し合いやの場が生まれることを心から願っています。子ども達が楽しく笑顔で学校に行ける社会を目指して!

コメント

おすすめの記事