歯の手術を受けたホワイトライオンが群れのリーダーの座を取り戻す

アスランは、アフリカの動物保護区で暮らしている9歳のオスのホワイトライオンです。保護地区の管理人、ケビン・リチャードソンは、ずっと歯痛に悩まされているアスランのことを心配していました。ライオンにとって牙を失うことは、狩りをする能力を失い、食べることができなくなることを意味します。歯痛みのせいでアスランは衰弱し、群れからも距離を置くようになってしまったのです。

あるとき、動物保護団体の働きかけでアスランは歯科医師による手術を受けれることになります。しかしそれは大きな危険を伴うものでした。

注意:動画には手術の様子が含まれます。

アスランはその後群れのリーダーの座に返り咲いたそうです。

歯痛が解消されて良かった!白いたてがみが雄々しいですね。

コメント

おすすめの記事