飼い主にペットの犬を1000万円で売ってくれと訊いてみたら…

アメリカ・シカゴのとある公園に突如現れたキリッとスーツで決めたビジネスマン風の男性。 手にする黒いアタッシュケースには10万ドル(日本円にして約1000万円)入っています。こんな大金をもって彼は一体何をするつもりなのでしょうか?実はこの男性、BigDawsTVの名で知られるYoutuberで、これは通りがかりの犬を連れた人に「10万ドルあげるから犬をくれ」と訊いたらどういう反応をするのか調べようという社会実験なのです。

Youtube/BigDawsTv

彼は犬を連れて散歩する数組の人に近づいていきます。「カワイイ犬ですね、触ってもいいですか?」と尋ねるスーツ姿の男に快く「ええ、もちろんですとも」と答えるカップルや、

Youtube/BigDawsTv

1人で犬を散歩するこちらの男性など複数の人に、アタッシュケースの大金をチラつかせながら「犬を売ってくれないか」と尋ねます。

Youtube/BigDawsTv

最初は10万ドル、さらに100万ドル(日本円にして約1億円)と男性のオファーはエスカレートします。10万ドルという大金を提示されたらペットを売ってしまおうか迷ってしまうのではないかと疑ってしまいますが、大半の人の答えはシンプルなものでした。

Youtube/BigDawsTv

「ダメです」にこやかに笑いながらこちらの女性はスーツの男性のオファーを拒否。

Youtube/BigDawsTv

「そんなことできません」と答えたこちらの女性。「ブサイクなほうだけでいいから、お願いします」という失礼な質問に対し「2匹ともブサイクじゃないし、売りもしません」と門前払い。

Youtube/BigDawsTv

こちらの男性は「このチワワとは13年間も一緒なんです。売れません」と頑なに拒否します。その毅然とした態度からは一寸の迷いすら感じられません。

Youtube/BigDawsTv

こちらの若い男性も「100万ドルでどうだい?」と聞かれても「いやー、無理だね」と愛犬を売ってくれという男性の申し入れを拒絶します。なぜ売らないのかと尋ねると「この犬が好きだからさ」とイケメン回答。

Youtube/BigDawsTv

それに引き換え1人で散歩していたこちらの男性はアタッシュケースの中身を確認すると、嬉しそうに近くにいる妻を呼びながら「バーニー(犬)を10万ドルで売るぞ!」と叫びます。すると子供を連れて現れた妻の口から出た言葉は…

Youtube/BigDawsTv

「Never!(絶対に嫌)」の一言。アタッシュケースを恨めしそうに眺めながら旦那は「俺は売りたいけどね」とポロリとこぼしますが、妻の猛反対に遭い結局断念します。

いかがでしたか?愛犬は家族の一員だという考えの人が多いことを改めて実感させられる動画ですね。犬を飼うというのはその一生に責任を持つということ。本来ならばそれをちゃんと分かっている人だけに、ペットの飼育を許可するべきなのではないでしょうか。動画はこちらからご覧頂けます!

コメント

おすすめの記事