感動の結婚式:新婦の娘に愛を誓った新郎

ジャナ・ラムが夫のクリフトンと初めて出会ったのは、ジャナが家の前の雪かきをしていたときでした。たまたまそこを通りかかったクリフトンは、雪に手こずっていたジャナに手を貸してくれたそうです。二人の愛の物語はこうしてスタートしたわけですが、そこには登場人物があと一人いました。ジャナの娘のジェイダです。

クリフトンにとってジャナとの結婚は、同時に、義理の娘となるジェイダへの愛を誓うことを意味していました。そこで結婚式当日、彼はジェイダに対してこんな素敵なサプライズを用意していました。

クリフトンがジェイダの指にはめたのは、彼の真剣な気持ちを表す14金のホワイトゴールドの指輪でした。強い絆で結ばれたジャナ、クリフトン、ジェイダは、家族としてきっと上手くやっていけるはずです。末永くお幸せに!

出典

littlethings

コメント

おすすめの記事