想像力豊か!ユニークなネックレスでガールフレンドを驚かせたオーストラリア人

アンナとテリーは、オーストラリアに暮らすカップルです。2人が付き合いだしてからちょうど1年が経というころ、テリーはアンナに特別なプレゼントを贈りました。 それは何の変哲もない木でできたネックレスだったのですが、アンナはとても喜んだそうです。

しかし、このネックレスが後に彼女の人生を大きく変えることになるとは、この時アンナは想像していませんでした。

Youtube/Smudha

テリーが心を込めて手作りした木のネックレスを、アンナはずっと肌身離さず身に着けていました。しかし彼女はこのとき、このネックレスに隠された秘密に全く気づいていなかったのです。

Youtube/Smudha

一見するだけでは特に変わったところのないこのネックレスでしたが、唯一特別な点はと言えば、素材の木でした。この木は学名を「Lagarostrobos franklinii」といい、タスマニア島にしか生息していない木なのだそうです。

Wikipedia

それから1年半が経った頃、アンナとテリーはスコットランドへ旅行に出かけました。そこで彼らが訪れたのは、「スモー」と呼ばれる巨大な洞窟でした。古代ノルウェー語で「隠れる場所」を意味するスモーの前にやってきたテリーは、突然そこで膝をつき、アンナに身に着けていたネックレスを外して一緒に写真を撮ってほしいと言い出したのです。そして彼は、ポケットからおもむろにナイフを取り出します…

Youtube/Smudha

そして彼は、そのナイフを使ってネックレスの先についていた木製のペンダントをこじ開けはじめました。やがて彼は震えるアンナの手を取り、ナイフでこじ開けたペンダントを手渡します。あまりの出来事に言葉を失っていたアンナでしたが、やがて何とか声を振り絞るように「はい」と一言口にしました。

そう、テリーがナイフで開けたペンダントの中にはなんと婚約指輪が入っていたのです。はっきりと口には出さなかったテリーでしたが、アンナにははっきりと理解できました。突然のテリーの行動に呆気にとられて身動きもとっていなかったアンナでしたが、やがて我に返ってこの状況を理解し、興奮のあまり飛び跳ね回ったそうです。

アンナは、テリーからの婚約の申し込みをずっと首にかけて何か月も過ごしていたというわけです!

Youtube/Smudha

「ちょっと待って。これ、ずっとこの中に入っていたの?ちょっと一体何やってるのよ、なくしちゃってたらどうするつもりだったのよ!」アンナはそう叫んだといいます。

その後、念願の家を手に入れることができた二人は、家の裏庭でささやかな結婚パーティーを開いたそうです。当初思い描いていたような豪華な式は難しくなってしまいましたが、それでもあれだけ衝撃的なプロポーズをされたアンナにとっては、もはや式の規模などどうでもいい話になっていたようです。

Youtube/Smudha

幸せなカップルと、アンナを驚かせたロマンチックなプレゼントの写真をもう少しご紹介しましょう…

ユニークなプロポーズというのは世の中に色々とありますが、彼らのプロポーズはロマンチックさという点で間違いなくトップレベルでしょう。

出典

Newsner

コメント

おすすめの記事