感動の回復 インドの動物保護団体が瀕死の犬を救った

思わず目を覆ってしまいたくなる写真です。この犬は、インドのとある民家の庭で発見されました。 疲れきって衰弱しているようで、体は痩せ細ってピクリとも動きません。頭には深い切り傷を負っています。この犬がどこから来てどうしてこんな状態になったのかは、誰にもわかりませんでした。

Youtube/ Animal Aid UnliAlle Kategorienmited, India

しかし、インドの動物保護団体「Animal Aid Unlimited」のボランティアスタッフが近づいても、体をすくめることさえできない状態でした。

Youtube/ Animal Aid Unlimited, India

犬は何の抵抗もすることなく、すぐに獣医の元へ連れて行かれました。容態は深刻でした。頭からは血が止めどなく流れ、かわいそうにブルブルと震えています。獣医はすぐに薬を投与し、“ハッピー”と名付けられた犬の傷の治療を開始しました。

Youtube/ Animal Aid Unlimited, India

しかし、2週間経ってもハッピーの状態には一向に変化がありませんでした。獣医と保護団体の職員は、脳に損傷を負っているのではないかと心配しました。ハッピーが回復するかは、誰にも分からなかったといいます。

Youtube/ Animal Aid Unlimited, India

それから1週間後、ようやく回復の兆しが見えてきました。ハッピーはゆっくりと後ろ脚を動かしながら、起き上がる素振りをみせ始めたのです。それからハッピーは体力をどんどん取り戻し、劇的に回復していきました。まるで魔法か何かを目にしているようだったそうです。

Youtube/ Animal Aid Unlimited, India

これが現在のハッピーです。何事もなかったかのように元気に走り回っています。この動物保護団体に連れてこられた他の犬たちと遊ぶのと、お腹を撫でられるのが大好きです。

Youtube/ Animal Aid Unlimited, India

通報を受けて駆け付けた動物保護団体のボランティアスタッフの献身的なケアのおかげで、ハッピーは一命を取り留めることができました。そうでなければ、あのまま庭でたった一匹で死を迎えていたかもしれません。

Youtube/ Animal Aid Unlimited, India

救助者たちが保護された動物を愛情込めて世話する様子や、ハッピーがそこで元気で楽しそうにしている姿には心打つものがあります。ハッピーの救出物語はこのビデオでご覧いただけます(英語のみ):

一時は命の危機に瀕していたハッピーが、こうして新しい生活をスタートさせることができて本当に良かったです!

コメント

おすすめの記事