口の中で電子タバコが爆発、歯を失った男性

1月14日、アメリカ・アイダホ州在住のアンドリュー・ホールは、いつものように仕事に出掛ける準備をしていました。 洗面所で毎朝目を覚ますため、彼にはVape(電子タバコ)をふかす習慣がありました。しかしその朝、Vapeを口に加えた瞬間、突然それが爆発を起こしたのです。

電子タバコはアンドリューの口の中で粉々に砕け散り、シンクを突き破りました。唇、口内、喉に無数のプラスチックの欠片が突き刺さった他、アンドリューは歯を7本を失い、頬に2度熱傷を負う大けがをしました。

恐ろしい体験をしたアンドリューは、同じ製品を使用している人々に危険を知らせようという思いから、事故の状況を写真とともに投稿しています。

「これを使い始めてから一年になるし、使用方法を間違えてはいなかったことは保証するよ。(電池は正しく入っていたし、修理やメンテナンスは初めて機械を購入した店でいつもやってもらっていた。)」

アンドリューはまた、爆発の威力がいかに大きなものであったことが伺えるバスルームやシンクの写真を投稿しています。シンクの端は、なんと爆発で破壊されています。

「顔の火傷の跡と、壁と天井についた焼け跡は繋がっているんだ」

アンドリューは、この投稿を通してできるだけ多くの人に注意を喚起したいと考えているそうです。

「タバコを諦めるか、別の喫煙方法を探すよう、みんなを説得できればと思ってる」

現在も治療中だというアンドリューは、破片の飛び散り方が少しでもずれてれば、命を落としていたかもしれないことを説明しています。

電子たばこの爆発はこれまでにも発生が報告されています。それらの多くは、昨年話題になったGalaxy Note 7同様、バッテリーの故障が原因で生じたと考えられています。電子機器の取り扱いには、くれぐれも気をつけるようにしてください。

アンドリューの一日も早い回復をお祈りしています。

出典

Daily Mail 

コメント

おすすめの記事