心を打つ1枚。亡くなった娘が蝶になって母の結婚式に出席した。

アマンダは2年前にチップとの結婚式をあげました。盛大な式を計画し、当日の写真撮影を友人でフォトグラファーのアシュリー・フランツに依頼しました。

結婚式当日、ウエディングドレスを身に纏った新婦アマンダの姿をアシュリーが撮り始めたとき、美しい蝶がアシュリーのドレスの胸元にとまりました。アマンダは、その蝶が自分を見上げるようにしているのを見て、思わず泣き出してしまいます。

蝶との出逢いは彼女にとって、大きな意味を持っていたのです。

その日、式に出席にできなかった人物が一人だけいました。アマンダの娘のアザリーです。

アザリーは小児がんを患い、病気と勇敢に戦い続けたものの、残念ながら3年前に短い人生を閉じていました。アマンダはアザリーがチップに会うことができなかったことが残念でなりませんでした。

この日の喜びを娘とも分かち合いたい、そう考えたアマンダは蝶との写真が撮られた直後、フォトグラファーにさらなる注文を依頼します。

それは特注の写真でした。

注文内容は、「アザリーも一緒に撮って欲しい」というものでした。

可愛い娘の姿を写真の中に見つけたアマンダは、アザリーが放射線治療で髪の毛を失ったときに家族も頭を剃ったことなど、娘の長い闘病生活を思い出したといいます。

娘を苦しむのはもう見たくない、それでももう一度だけ会いたい。

写真を見ていると、その願いが少しだけ叶ったような気がしたのです。

蝶はアザリーからの挨拶だったとアマンダは信じています。今ではこの写真で、母の大舞台に娘がちゃんと出席してくれていたことを証明することができます。

自らを慰めるために依頼した娘との写真は、美しくも切なくもあります。あの蝶がアザリーであったと信じたいですね。

コメント

おすすめの記事