少しユニークな新生児の写真 背後に巨大オムツをつけた母親が写っていた

アメリカのノースカロライナ州に住む28歳のアマンダ・ベーコンと婚約者のケンは、娘のケイリーンの弟となる新しい家族の一員、ピアソンの誕生に喜びでいっぱいです。 しかし、出産直後に撮影されたある1枚の写真がきかっけで、この家族は世界中の注目を集めることになります。

これがアマンダのフェイスブックに投稿され、わずか一晩で50万以上の「いいね!」を記録した1枚です。普通はあまり公開されることのないものが、赤ちゃんの背景に映っていました。

「修正なしの母親の姿

この写真をシェアするのは、これが現実だから。これが母親になるということ。生々しくて、衝撃的で、めちゃくちゃで、それでいて笑わずにはいられない。赤ちゃんを産むのは美しい体験だけど、分娩後の現実については十分に語られることはない。そして、間違いなく写真は十分に残されていないと思う。この姿を快く思わない人もいるかもしれない。でもどうして?私にはわからない!おそらくそれは、この時期について多くが語られていないことが原因じゃないかしら。こういった瞬間も含め、出産にはさまざまな側面があることをみんなが知り、共有し、理解するべきだとおもう。もちろんシリアスになりすぎず、楽しくすることが一番だけど。母親になったら、しわくちゃのかわいい赤ちゃんと、そして巨大なママ用オムツが出迎えてくれるんです。

追伸:この写真は夫ではなく私が投稿しました。」

悪露(出産後1ヶ月ほど続く子宮からの出血)の期間は、出産を終えた女性は、産褥パッドなどのオムツ状のパッドを使用するのが一般的です。出産を経験していない人にとっては、あまり知られていない事実なのかもしれません。アマンダ・ベーコンは、少し変わった写真を通じてリアルな母親の姿を伝えてくれました。ママ用オムツ、ご存知でしたか?

コメント

おすすめの記事