脱肥満!負のサイクルから人生を切り開いた女性

フィラデルフィア在住のアルヴィナ・レインは幼少時代からずっと肥満でした。空腹と共に内面の虚しさを満たすかのように、願望に忠実に食べることを我慢することはありませんでした。 しかし、欲求のまま好きなだけ食べるこの食習慣を続けているうちに、アルヴィナは肉体的にも精神的にも不健全なサイクルに陥っていきます。アルヴィナは気分が沈むと食べ物に手が伸び、食べるたびに自己嫌悪に苛まれ落ち込むのでした。

Youtube/Alvina Rayne

最も太っていた時期で、体重は113キロ近くありました。

Youtube/Alvina Rayne

幸せそうな表情を浮かべようと意識しながらも、アルヴィナの心はいつも劣等感でいっぱいでした。アルヴィナの自己肯定感の低さは彼女の交際関係にも影響を及ぼしました。最後に別れた恋人もアルヴィナを「デブ豚」、「キモい」と日常的に呼ぶような男で、アルヴィナは尊厳を踏みにじらっぱなしだったといいます。また、恋人から受けたステレスを食べることで発散するというサイクルに拍車がかかり、当時のアルヴィナの1日の摂取カロリーは通常の成人が1日に必要とされるカロリーの2倍以上、約5,000Kcalにも達していました。

Youtube/Alvina Rayne

この過剰摂食の影響で、アルヴィナは健康面でも問題を抱えるようになります。

Youtube/Alvina Rayne 

階段を上ると息切れし、不眠に悩まされるようになり、糖尿病の初期症状が現れ始めました。しかし、なかなか生活を改善できずにいました。

「いつも絶えず食べてしまうから、空腹を感じたことがなかったんです。満腹になるまで食べ続け、ファストフードを食べるのを止められませんでした」当時を振り返りアルヴィナは語ります。

いつしかアルヴィナは、自分の服を紳士売り場で購入するようになっていました。女性向けサイズはもう着ることができなかったのです。

Youtube/Alvina Rayne

そんなアルヴィナが生活環境を変える決心をししたのは、2009年、25歳になったときでした。恋人と別れたことがきっかけでした。

ある日を期に、アルヴィナは健康的な食生活を心がけ、ジムでのトレーニングに励むようになります。炭水化物を極力摂らないダイエットを始めると、結果がすぐに現れ始めました。

Youtube/Alvina Rayne

減量の結果に一層やる気も出て、ダイエットは継続されます。日に日に、心身ともに健康になっていきました。

Youtube/Alvina Rayne 

アルヴィナは、やがて自分の姿に自信が持てるようになり、精神的にも満ち足りた美しい女性へと変貌を遂げていきました。運動で減量に励んだ成果が彼女の自信へとつながりました。

Youtube/Alvina Rayne 

以前の彼女と同一人物とは信じられないほどの見事な変貌ですね!

Youtube/Alvina Rayne

美しくなった彼女の写真を見た元彼は、過去のモラハラ的な発言を後悔して復縁を求めましたが、アルヴィナはもちろん相手にしませんでした。

Youtube/Alvina Rayne

現在、アルヴィナはYoutube channelに定期的に健康的な食事法などを投稿し、過去の自分のように肥満に悩む人々を応援する活動をしています。人は誰でもいつでも人生を切り開くことができると彼女は信じているといいます。

Youtube/Alvina Rayne

食に走る以外の方法でストレスに対処する方法も習得した現在のアルヴィナは、より幸福に満ち足りた生活を手に入れることができました。

Youtube/Alvina Rayne

辛いダイエットをよく頑張りましたね!大成功です!

コメント

おすすめの記事