勇敢な犬に追い払われた泥棒が犬を毒殺する

注意:この記事にはショッキングな画像、動画が含まれています

犬は「人間の親友」とよく言われていますが、これからご紹介するエピソードはまさにこれを実証しています。インドネシアのパプア州メラウケに住むアチィ・ウィジャヤの忠犬は、真夜中の侵入者に吠えかかり撃退、飼い主の安全を守りました。アチィには飼い犬が吠えるのが聞こえていましたが、野良猫か何かに吠えているのだろうと特に心配しなかったそうです。犬は飼い主に危険を知らせるため吠え続けましたが、忠犬が必死に吠えて自分の命を守ってくれたということをアチィが知ったのは、翌朝になってからのことでした。

「最近強盗が増えているのでもっと気をつけなければいけません。数日前、真夜中に強盗が自宅に押し入ろうとしていたようです。でも犬が吠え続け盗みは失敗したようです」アチィはFacebookに記しています。

しかしアティは強盗に大切な愛犬を奪われてしまいました。盗みを邪魔された報復に強盗は犬を毒殺したのです。かわいそうに犬は朝まで苦しみ続け、泡を吹きながら喘いでいるところを発見されます。

「獣医のところに連れて行きたかったけど、ここパプア州には家畜の診察をする獣医ばかりなのです。日曜日ということもあって、診療所は閉まっていました」アチィは説明します。

「牛乳や油、ココナッツウォーターを飲ませて毒を吐かせようとしましたが、どうにもなりませんでした」

一家は静かに愛犬の最期を看取りました。アチィは、動物への復讐というひどい仕打ちを受けた勇敢な忠犬の姿を忘れまいと、愛犬が苦しみながら息をひきとる最後の瞬間を撮影しました。

真夜中に愛犬が吠えていたら、見過ごさず、何かの警告だとしっかり受け止めた方がいいでしょう。もちろん無駄吠えをすることもあるかもしれません。しかしアチィがもう少し注意を払っていればこの悲劇的な最後を迎える必要ななかったのです。

アチィが愛犬の最後の瞬間を捉えた動画はこちらからご覧いただけます。

アチィの愛犬の身を挺した行動は飼い主と一家を危険から守り、犬が自らの命を顧みないほどに忠実な生き物であることを再び思い出させてくれます。

コメント

おすすめの記事