動画: 忘れ去られた葬儀場で不気味な発見

アラバマ州のこちらの葬儀場は1992年に創業しました。しかし経営難からオーナーは葬儀場運営を廃業し、館内は当時のままに放置されていました。

Youtube/R Willy

ある日、怖いもの知らずの(尚且つ好奇心旺盛な)男性が、友人と廃屋となった葬儀場を冒険することにしました。カメラと懐中電灯を持ち込みこの不気味な建物の内部に一体何があるのか、調査を開始します。

Youtube/R Willy

カメラは葬儀に向けて遺体の正装安置を準備する棺が置かれた一室にさしかかります。棺を開けた男性が目にしたものは、棺の白い内張りでした。

Youtube/R Willy

そしてさらにゆっくりと進んでいくと、かつては埋葬する遺体に処置する薬品が溢れていたであろう、遺体防腐処理室を発見しました。

Youtube/R Willy

カーテンがかけられている出入り口を通り過ぎ、男性たちは天井まで大きな金属製ラックが並んだ空間に出ました。そこに、木製の棺の数々がありました。棺の一つを覗き込んだ一行は、長年閉ざされた葬儀場に放置されていたと見られる、誰かの遺骨を発見しました。

Youtube/R Willy

こちらの動画からこの不気味な場所への不法侵入ツアーを視聴できます。

注意: この動画にはショッキングな映像が含まれます。

男性がこの動画をYoutubeに投稿すると間もなく、この旧葬儀場はフェンスで囲まれ24時間の警備体制が敷かれました。廃墟と化した葬儀場で発見された遺骨は、ようやく墓地で永遠の眠りにつくことができそうです。一体どうして遺体が棺に入れられたまま忘れ去られてしまったかは、謎のままです。

出典

Unilad

コメント

おすすめの記事