ワオ!ティーンエージャーたちがホテルの宿泊客に素晴らしい歌声を披露する

修学旅行や部活の遠征旅行などは、引率の先生たちにとって予想外のできごとを招くことがあります。アーロン・ドレヴロウもまた、青少年コーラスグループの一群を引率してアメリカのアイオワ州中部に位置するエイムズのホテルに泊まっていました。そこで彼は、忘れることができない光景を目にします。

部屋のバルコニーから撮影したその出来事に、彼だけでなくホテルの宿泊客みんなが心を動かされました。

鳥肌が立ちました。スティルウォーターエリア高校の生徒たちは、プールエリアの音響の良さに感動して歌い始めたのだそうです。一人、またひとりと聖歌に加わっていき、最後にはホテルのプールエリアが歌声で包まれました。聖歌隊が歌った楽曲は『A Day Full of Grace』いう歌で、作曲者のF.デリゥス・クリスチャンセンはこの聖歌隊の指揮者の祖父にあたる人物だそうです。偶然このときホテルにいた宿泊客にとって、忘れられない思い出になったことでしょうね。アンコール!

出典

LittleThings

コメント

おすすめの記事