女性は2013年に息子を亡くしていた。3年後、幼い少女が彼女にテディベアのお腹を押してみてとお願いする。

ヘザー・クラークは聴診器を持ちながら、緊張の面持ちで4歳の少女、ジョーダン・ドレークの前に立ちます。

ヘザーは3年前、当時7ヶ月だった息子のルーカスを失いました。まだ息子の死から立ち直れずにいたヘザーに、ジョーダンは素敵なプレゼントを用意していました。

ジョーダンがシャツをめくり、ヘザーが彼女の心臓の鼓動を聴いたとき、ヘザーは涙せずにはいられませんでした。

ジョーダンの心臓の鼓動は、ルーカスのものでもあるのです。息子の死後、ヘザーは息子の臓器を提供し、3人の子どもたちの命を救いました。そのうちの1人が、生まれながらに心臓に疾患を抱えていた、ジョーダンだったのです。

ヘザーは愛する息子の心臓が3年後も、こうして動いていることが信じられませんでした。2人が別れる直前、ジョーダンはヘザーに素敵な贈り物を手渡しました。ルーカスの心拍が中から聞こえるテディベアです。ヘザーはこの感動的なひとときを、決して忘れることはないでしょう。

コメント

おすすめの記事