名物判事の7つの独創的な判決

アメリカオハイオ州・ペインズビル市の裁判所にはマイケル・チコネッティという名物判事がいます。 21年前から彼は自ら「独創的な正義」と呼ぶ方法で裁きを下しています。彼は目には目を歯には歯をと言わんばかりに、法廷で被害者が直接加害者の目に催涙スプレーをかけるのを許可したりとその独特な判決で有名です。「被告には再びこの法廷に顔を出してもらいたくない一心からです」と語るの5児の父親でもあるチコネッティ判事。「だからこういう方法で恐がらせるのを悪いとは思いません」と続けます。それでは彼の有名判決を7つご覧ください。

1. 公園でセックスしているところを見つかったカップル。彼が与えた刑はその公園に落ちている使用済みコンドームも含めてゴミ拾いをする事。それから新聞に恥ずかしいところを見せてしまった方々に対しての謝罪の広告を出す命令付きです。

park intimate

2. 冬の山に35匹の子猫を遺棄した女性。子猫たちがどんな気持ちだったか知ってもらうため、11月の寒空の下、森で一晩を過ごすことを命令します。もちろん毛布も、食べ物も飲み水もテントも無しです。しかしその日気温の低下が激しかったため判事は情状酌量します。火だけは起こしてもよいとしたのです。

Kitty seriously approaching

3. 警察官を「豚野郎」と罵った男性。彼が与えられた刑は体重160キロ近い豚をお供に警察署の前に立つこと。首にかけられた札に書かれていたのは「これは警察官ではありません」のメッセージ。

Blond eyelashes

4. 飲酒運転が原因で逮捕された男性は、死体安置所で飲酒運転によって命を落とした人々の屍を一人一人見る刑を与えられました。

In the Morgue?

5. タクシーに無賃乗車した件で逮捕された女性。チコネッティ判事は彼女に2日間の間48キロ歩く事を命令します。それはまさに彼女がタクシーの運転手に無賃で運転させた距離と一緒でした。

13/07/06

6. ホームレスの人を助ける救世軍の募金箱から金を盗んだ男。判決は「24時間ホームレスとして外で過ごす事」。

At the Display Window

7. スクールバスのタイヤを故意にパンクさせた高校生たち。そのせいで次の日に計画されていた小学校の遠足がキャンセルに。判事は高校生に小学生たちのピクニックを計画する事を命じます。

Flat Tire

マイケル・チコネッティ判事の判決には罰金も禁固刑も必要ありません。そして彼のユニークな判決によって多くの人が2度と悪いことはしないと決意したそうです。犯罪者もきっと刑務所で時間を過ごすより人生の良い経験になったことでしょう。

出典

wikipedia

コメント

おすすめの記事