公園で出会った不良少年が娘にしてくれたことに感激した母親

ジェニーン・トーマスは、カナダのオンタリオに住む29歳の母親です。ジェニーンには、6歳の娘ペイトンにいつも伝えていることがあります。

「周りの人に何て言われようと、やりたいことは何でもする」

ペイトンがが男の子のスポーツとも言えるスケートボードを始めたいと言ったときも、ジェニーンはそれを応援しました。そして、ペイトンを連れて公園に行ったジェニーンは、そこで驚くべきことを経験します。その日のことを伝えるため、彼女はインターネットに公開レターを投稿しました。

「スケートパークで出会った少年へ、

あなたは15歳くらいかしら。私はあなたから大人レベルの常識も求めていなかったし、小さな女の子がスケートパークにいることを嫌がれる準備もできていた。

あなたがそのとき知らなかったのは、私の娘がもう何か月もスケートボードに乗れる日を楽しみにしていたこと。『男の子のスポーツなのよ』て言っても聞いてくれなかった。

でもスケートパークに到着すると、煙草を吸って汚い言葉を使うティーンエイジャーの少年たちだらけなのを見て娘はすぐに帰りたがった。

実を言うと私も同じ気持ちだった。小さな娘の母親としてあなた達と会話をするなんてごめんだった。

でも娘に世の中には怯える必要がある相手がいる、なんて思って欲しくなかったし、スケートパークにいる資格がないなんて思って欲しくなかったの。だから娘が『ママ、年上の男の子ばかりだね』と言ったとき、私はこう言った。

『だから?スケートパークは彼らの所有物じゃないのよ、大丈夫』

娘はランプの中に入っていた。あなたの友達たちが、ものすごいスピードで手すりをガリガリいわせながら娘の横を滑っていった。娘が2、3回滑ったところで、突然あなたが近づいてきて「ねえ、ちょっと….」と声をかけた。

私はその瞬間、『ここはあなた達だけの場所じゃないのよ…』的なスピーチを頭の中で即座に準備していた。でも次の瞬間あなたは、「足が間違ってるよ。教えてあげようか?」と言ったの。そしてそのあと1時間近く、あなたは娘にバランスの取り方や正しい滑り方を教えてくれた。娘はあなたの言うことにちゃんと耳を傾けていた。

娘が転ぶと手を差し伸べてくれたし、『危ないからレールには近づかないように』と気遣ってくれた。

私たちの近所のコミュニティーにあなたがいることを誇りに思う、と伝えたかったの。友達にバカにされながらも、私の娘に親切にしてくれてありがとう。

娘がその日『何でもできる』という気持ちで自信をもって帰ることができたのは、あなたのおかげだった。」

公開後間もなく30,000回以上シェアされたこのツイート、仲間にバカにされながらも小さな少女にスケートボードを教えてくれた親切な少年にも届いているでしょうか。自分を含め、世間は「不良」のティーンエイジャーだからとついレッテルを貼りがちです。偏見を無くしましょう!

コメント

おすすめの記事