愛する人と過せる時間は限られている。事故で息子を失った父の切実な思い

私たちはいつも、せかせかと忙しい毎日を生きています。働き、食べ、寝ている時間を合計すると、愛する人たちと過ごす上質な時間は、わずかなものとなってしまいます。 それが人生で一番大切な時間であるにもかかわらず...。この物語は、すぐに過ぎ去ってしまう限られた時間の中でー緒に過ごす瞬間を愛しむ大切さを思い出させてくれます。

 

A post shared by Aaron James (@acdelko) on

 ある日の公園でのできごとです。ある女性が、運動広場近くのベンチに座る男性の隣に腰かけました。

「あそこにいるのが私の息子なんです」

 滑り台に駆け寄る赤いセーターを着た男の子を女性が指差します。

「かわいい坊やですね」男性が答えます。「あそこで自転車に乗っている白いワンピースを着たのが私の娘です」

 男性は腕時計に目をやると、娘に声をかけました。

「メリッサ、お家に帰ろうか?」

「お父さんお願い、あと5分。5分だけだから」メリッサがせがみます。

 男性がうなずくと、メリッサは再び自転車に乗り始めました。ご機嫌です。やがて時間が過ぎ、男性は立ち上がって再び呼びかけました。

「さあ、そろそろ帰ろうか?」

 メリッサはまた父に再び「あと5分。お父さん、5分だけだから」とせがみます。

 男性はにっこりして答えます。

「わかった」

「まぁ、本当にがまん強いお父さんですね」女性が言いました。

 男性は微笑みながらこう話しました。

「メリッサにはトミーという兄がいたんです。去年トミーは、この近くで自転車に乗っていて飲酒運転の車にはねられて死んでしまいました。私はトミーと一緒に時間を過ごしたことがほとんどなかったんです。もし今トミーと5分でも一緒にいるためだったら、なんだってするんですけどね。それで、同じ後悔は二度としないと約束したんです。メリッサはもう5分自転車に乗れると思っているでしょうが、本当は私のほうが、娘が遊ぶ姿を眺める時間をもう5分をもらっているんです」

 生きていく上で何を優先にするかは、自分で決めることができます。あなたにとって大切なものは何ですか?

愛する人と一緒にいられるのを当たり前だと思ってはいけないということを、この悲しくも美しい物語は教えてくれるようです。大好きな人と一緒に過ごす時間は何物にも代えがたいものですね。今日、愛する人ともう5分だけ一緒に過ごしてみてください。

コメント

おすすめの記事