恐怖!女性の肝臓と胆嚢から200個の石!

朝食は、1日を元気にスタートさせる上で欠かすことはできません。10年間にもわたって重い腹痛に悩まされ続け、ようやく医師の診断を受けることにした女性患者も同様のアドバイスを受けました。

中国在住の女性患者チェン(45歳)は朝食をとる習慣がありませんでした。1日を通して不定期に食事をとる習慣を続けていたのです。中国東部、蘇州市の広済病院の医師は、不規則な食習慣が身体に及ぼす悪影響について指摘し、手術が必要であることをチェンに告げます。

チェンは執刀手術への恐怖感から他の治療法を希望していたものの、激しい腹痛は耐え難く、最終的には手術をするより他にありませんでした。手術開始後、医師はすぐに慢性的な激しい腹痛の直接の原因を発見しました。

医師たちは200個以上の胆石を胆嚢や肝臓から除去したのです。手術は6時間半にも及びました。

担当医のクアン・クーウェイ医師によると、朝食を定期的にとらない場合、胆嚢が正常に機能せず胆汁が過剰に生成されてしまうことがあり、それによって胆石が形成されたのではということです。

一方、イギリス人医師らは中国人医師の見解に異議を唱えています。胆石の形成には様々な要因が考えられることから、単に朝食を抜いた食習慣が直接の原因であると推測することはできないとロンドン大学病院のジョージ・ウエブスター医師は語っています。

胆石の大量形成の背景理由が何であれ、ようやくチェンが腹痛から開放されたことは何よりでした。病院嫌いであろうと手術がどんなに怖くても、痛みがひどい場合は早急に病院に行きましょう。取り返しがつかない事態に陥る前に適切な処置を受けることが大切です。

出典

Metro

コメント

おすすめの記事